都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

外来のご案内

初めて受診される方

1.1階、中央受付へお越しください

紹介状をお持ちの方

  • ・診療申込書・紹介状、保険証を中央受付(5 紹介状お持ちの方)へご提出ください。
  • ・受付の手続きが終わりましたら「受付票」 が入った青いファイルと、「診察券」「呼出用PHS」をお渡しいたします。

  ※事前に紹介元医療機関からご連絡いただいた場合は病診連携室で診察の予約を受付けております。

 

紹介状をお持ちでない方

  • ・診療申込書・保険証を中央受付(4 はじめての方)へご提出ください。
  • ・受付の手続きが終わりましたら「受付票」が入った青いファイルと、「診察券」「呼出用PHS」をお渡しいたします

  ※他院からの紹介状をお持ちでない場合は、通常の診療費自己負担額とは別に、選定療養費として一定額(3,240円/消費税込)をお支払いいただきます。

注意事項等

  • ・必ず保険証をお持ちください。初めての方で、保険証をお持ちでない場合は、全額自己負担となります。
  • ・小児慢性疾患、特定疾患などの医療受給者証や、市町村の福祉医療費の受給資格証をお持ちの方は、保険証と同様に確認させていただきます。
  • ・労災(労働者災害補償保険法)や公災(国地方公務員災害補償)で初めて受診される方は、中央受付で診療の申し込みをして下さい。

 

 

↓

2.問診センターでの問診

  • ・順番が近くなると呼出用PHSにお知らせが届きます。
  • ・中央受付での手続き終了後、問診センターにて看護師による問診を行います。

院内フロア図

↓

3.診察・検査

  • ・診察・検査の順番が近くなると呼出用PHSにお知らせが届きます。呼出があるまで院内でご自由にお過ごしください。
  • ・診察が終わりましたら、「患者基本スケジュール」 を医師からお渡しいたします。
  • ・診察・検査終了後は、呼出用PHSに計算受付へ青いファイルを提出するお知らせが届きます。

  ※次回の予約は診察時に担当医とご相談ください。予約票、処方箋はお手元にお持ちください。

↓

4.会計

  • ・1階中央受付の「2 計算受付」へ、青いファイルを提出して下さい。
  • ・計算が出来上がりましたら、呼出用PHSにお知らせが届きます。自動精算機でお支払い下さい。

  ※「処方箋」と「次回予約票」は会計に提出する前にファイルから抜き取り、手元にお持ちください。

↓

5.呼出用PHSの返却

  • ・自動精算機で精算後、呼出用PHSは自動精算機横の返却ボックスへ返却してください。

↓

6.お薬について

お薬は、院外処方(院外の保険薬局でお薬をお受け取りになる場合)と院内処方(当院の薬局でお薬をお受け取りになる場合)があります。

院外の保険薬局でお薬をお受け取りになる場合

当院では、お薬は「院外処方箋」を発行いたします。病院、あるいはご自宅近くの保険薬局へ「院外処方箋」を提出し、お薬をお受け取りください。

  • 患者様ご加入の健康保険による負担割合に応じた費用が、保険薬局でも発生します。
  • 「院外処方箋」の有効期間は、当院での交付日より4日間です

院内の薬局でお薬をお受け取りになる場合

医師の指示により、病院内でお薬を処方する場合があります。この場合、自動精算機で外来医療費をお支払いの後、領収書の右側のお薬引渡券を切り離して薬局窓口へ提出し、お薬をお受け取りください。

その他

診察券について

  • いずれの診療科を受診される場合にも、必ずお持ちください。
  • 診察券は、お一人さま一枚です。紛失しないよう、ご注意ください。  

保険証について

下記の場合には、必ず保険証を窓口へご提示ください。

  • 初めて診察を受ける日(科ごとに)
  • 月が変わって診察を受ける最初の日
  • 保険証が変わった時
  • 氏名・住所が変わった時

保険証をお忘れになりますと自費扱いとなりますので、ご注意ください。

 

領収書について

  • 外来医療費領収書は紛失されても再発行致しませんので、ご注意ください。
  • 確定申告で医療費控除を受ける場合等、領収書を必要とされる方は、大切に保管してください。
  • 領収書を紛失された場合は、「領収証明書」を発行いたしますが、科別・月ごとに手数料がかかります。

 

検査試料について

  • 医学発展のために、検査試料を使用させていただく場合がございます。