都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

看護部のご案内

看護部理念

看護部長あいさつ

 

帝京大学医学部附属溝口病院
看護部長  木田 あや子


当院は、帝京大学医学部附属病院の分院として川崎市高津区で開院して40年目を迎えました。首都圏沿線の田園都市線高津駅1分の立地に恵まれた場所に位置しています。


病院の理念は「地域に根ざした高度で良質な医療を実践します」を掲げ、地域住民のための救急医療を中心として、地域の医療機関との連携を軸にした地域住民のための医療を積極的に行っています。また、住民参加型の医学講座も毎年賑わいを見せています。


看護部では、365日24時間、患者様の側に寄り添い、やさしい思いやりのある看護の心を大切にして、確かな根拠に基づく看護技術を用い、安心・安全の看護の提供を行っています。また、教育体制はラダーシステムの中で資格者としての自信とプライドを持ちキャリアアップを図るさまざまな支援を行っています。


認定看護師資格の取得では、6か月の講習期間中は奨学金(100%給与)の支給を受けながら通うことができます。資格取得後は学んだことを生かし、より質の高い看護の実践、職員への教育・指導を通して病院全体の看護の質を向上させる役割を担い、自身のキャリアアップに繋げて行くことができます。


私たちの看護は、常に患者さまのためを考え行動する科学です。一緒に学び、患者さまとの日々の関わりの中で、一人一人が自覚と自信を持って能力が発揮できる看護部を目指しています。

看護部理念

 

温かい心とよりそう看護の実践

 基本方針

   1.地域との連携を図り、看護の継続性を充実する。

   2.患者の生命と権利を守り、高い職業倫理を養う。

   3.安心して医療が受けられるように、環境を整え安全な看護を提供する。

   4.院内各部門との連携を図り、チーム医療を推進する。

  5.看護の質向上のために実践ナースの育成に努める。

看護体制

看護配置基準

「患者10人に対し、看護職員1人」の基準で配置しています。

勤務体系

2交替制勤務、および早出・遅出あり(部署により異なる)

看護方式

  1. チームナーシング
  2. 固定チームナーシング