都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

診療科のご紹介

眼科 科長あいさつ

眼科は視覚を守る診療科です。

帝京大学医学部附属溝口病院

眼科科長
石田 政弘

人間は外界からの情報の80%を視覚から得ると言われています。我々眼科医の使命はその視覚を守ることです。眼科は眼球とその付属器という小さな臓器を対象としていますが、角膜、水晶体、網膜・硝子体、緑内障、神経眼科、斜視・弱視、涙道・涙器、眼窩など細かな専門に分かれており、それぞれの分野で専門家が高度な医療を行っています。

当科では常勤医5名、非常勤医3名と小規模な体制で診療を行っていますのですべての分野で高度な診療を行うことはできません。その代わりに、網膜・硝子体、斜視・弱視(小児眼科)、白内障の3分野を柱として診療を行っており、皆様に信頼いただけるよう日々努力しております。それぞれ視覚(視機能)に直結する分野であるとともに、手術が治療の中心となっており力を入れています。また、裂孔原性網膜剥離など緊急に手術を要す疾患でも随時対応しております。

眼科は視覚を守る診療科です。我々スタッフ一同さらに高度な医療を目指して研鑽しておりますのでよろしくお願いいたします。