都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

診療科のご紹介

神経内科 科長あいさつ

地域の患者様とともに歩む神経内科

 

帝京大学医学部附属溝口病院

神経内科科長  馬場 泰尚

 

神経内科は,文字通り脳をはじめとする神経系にかかわる症状や病気に対応する診療科です.脳の病気には,介護保険の在宅療養の原因として最も多い脳卒中や高齢化により増加する神経変性疾患(アルツハイマー病・パーキンソン病など)があり,現在の日本の医療・福祉・あるいは社会活動全般に大きな影響を及ぼしているといっても過言ではありません.また,物忘れや体の動きが遅いのが「齢のせい」と思っていて病気に気づいていない方も多いようです.

 

我々神経内科はまだ3人の小さなグループですが,脳神経外科の先生方と協力した当直・診療体制をもって脳卒中急性期治療にあたります.また,脳卒中といいますと脳血管の急性期の問題に注意が向きがちですが,慢性期に再発予防やほかの血管系の合併症に対応する必要があり内科の先生方とも関わりも多くなります.当病院にある医療資源を有効に活用し,この地域での脳卒中診療が充実したものになるように研鑽を重ねて参ります.

 

  神経内科の病気にはいわゆる難病とよばれる病気も多く,以前は「診断したが対応が何もできない神経内科」のイメージがありました.最近は治療で病状をコントロールすることができる病気も多くなりました.てんかんに対する抗てんかん薬・外科的治療,パーキンソン病に対する薬物療法や脳深部刺激療法,多発性硬化症に対するインターフェロンなどが代表的です.それでも対処に困るような状況はありますが,患者様が医学的な面から病気と向きあうアドバイスを行うとともに,ホームドクター・訪問看護ステーション・ケアマネージャー・ケースワーカーといった多職種・多施設との連携を進め患者様やご家族が安心できるように努めます.