都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

診療科のご紹介

消化器内科 科長あいさつ

帝京大学医学部附属溝口病院

消化器内科科長 土井 晋平

 

近年、食習慣をはじめとする生活様式の多様化と健診技術の向上により、消化器内科への需要がますます高まっています。胃や大腸だけでなく、最近では膵臓や胆管など、これまで診断が困難とされていた臓器の病気に対しても、技術の進歩により比較的早期に見つけられるようになりました。

溝口病院消化器内科は、2014年4月に始まった新しい診療科ではありますが、最先端の医療機器を導入し、精緻な検査、高度な技術で、患者様の診断治療に努めています。とりわけ膵臓・胆嚢の疾患につきましては、超音波内視鏡(EUS)を用いた診断・治療に顕著な実績があります。EUSは技術取得が容易ではないために、限られた施設でしか実施出来ませんが、本院ではEUS観測装置を3台設置し、十分な技術・経験・知識を培った医師が複数在籍しています。また、消化管の癌についても設備と技術を充実させており、胃癌検診、大腸癌の二次検診に力を入れて早期診断に取り組むとともに、内視鏡的粘膜剥離術(ESD)に専門スタッフを配置し、着実な実績を積み上げています。

消化器の病気と聞くと、生命に関わる恐ろしいものを想像しがちです。お身体に不安があれば、まずはお問い合わせください。私たち溝口病院消化器内科は、地元の皆様の健康需要に応え、患者様に不安と負担の少ない診断治療を目指しています。