都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

診療科のご紹介

病理診断科 科長あいさつ

病理診断科の紹介

帝京大学医学部附属溝口病院

病理診断科科長  川本雅司

病理診断科は病理診断、細胞診、病理解剖を通じて他の診療各科に情報を提供する部門です。現在は病理・細胞診専門医3名の常勤、2名の非常勤病理・細胞診専門医(元当科教授)、そして5名の臨床検査技師・細胞検査士が勤務しています。普段は臨床病理部というところにいるので、患者様と直接お会いすることはありませんが、診療科ですので(2名はそれぞれ外科医、内科医でもあります)、患者様が病理診断等で相談したいことがあれば受診することができます。当病院におかかりの場合は主治医にお問い合わせください。また、病理診断に関するセカンドオピニオンも受け付けております。他院で肺癌と診断されたけれども、治療を受ける前に今一度自分の病気を確認しておきたいなど、そんな時にはお気軽にお問い合わせください。

 

医学生、医師の皆さんへ

病理診断は、治療方針の決定、治療効果の判定など、医療に欠かせぬきわめて重要な部分です。最近では画像でその代用が喧伝されていますが、病理解剖は病態を知ることのみならず、点滴の量ははたして適切であったかなど、治療を検証する重要な情報を提供してくれるもので、亡くなられた患者さんから教わるという、最後の医療だと思います。病理医とは、このように医療を支えていますが、昨今は病理医不足が進み、このままでは病理診断なしで治療がなされるような、そんな医療崩壊の日を迎えてしまうかもしれません。

 病理医は他の医師と同様、高い倫理観を持ち、たゆまぬ研鑽を日々続けていかなければなりません。ただし、検体の病理診断が主たる業務であるので、時間的・空間的な融通が効き、体力に自信がない方、子育てや介護をしながら勤務を続けることも可能です。

 当院は大学病院であるために稀少疾患に出会うのは当然ですが、検診など、地域病院としても機能しているので、common diseaseに精通することもできます。専門医研修に関しては、病理専門医試験実施委員として問題作成・採点を歴任した者が常勤していることに加え、附属病院間の交流も行われており、各領域を研修、研究するには最適な環境を整えています。立場としては後期研修医(臨床助手)、大学院生、臨床助手や助教として勤務しながらの社会人大学院生などが可能です。

医師として社会に貢献するとともに、楽しみをもって充実した生活を送ることに興味があれば、一度お訪ねください。