都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

診療科のご紹介

脳神経外科 科長あいさつ

地域に根ざした脳神経外科

帝京大学医学部附属溝口病院

脳神経外科

 

脳神経疾患は罹患した場合日常生活動作の制限を伴うことが多く、本人・家族・地域にとって重大な負担となります。このような脳神経疾患の代表として脳卒中、認知症、てんかんがあげられます。

脳卒中に対する取り組み: 脳卒中を地域全体の問題としてとらえ、迅速な治療(特に脳梗塞に対するtPA血栓溶解療法)を実施すべく川崎市では脳卒中ネットワークが作られ、当科はその中核病院として活動しています。また脳卒中では後遺障害を如何に円滑にリハビリテーションに移行させるかが問題になりますが、そのための地域連携医療として脳卒中パスが作成されています。当科はこのような連携医療を積極的に活用し、脳卒中患者の早期社会復帰を目指す努力を続けています。


認知症に対する取り組み: 認知症患者は年々増加し地域の重大な問題となっています。認知症の中で外科的治療により治癒・改善が期待される疾患が含まれています。脳血管障害(脳主幹動脈の狭窄・閉塞)、外傷(慢性硬膜下血腫)、特発性水頭症などです。これらの疾患は早期の外科治療により改善が望めるため、当科では患者の早期発見を促進するための活動を行っています。


以上述べた疾患以外にも脳神経外科ではさまざまな脳神経疾患(脳腫瘍、頭部外傷、先天奇形など)を扱います。これらの疾患に対しての当科の基本方針は最小の侵襲で最大の効果です。自己満足としての手術ではなく、本人・家族・地域にとって最大の幸福となるような医療を今後も更に推進すべく努めてまいります。