都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

診療科のご紹介

脳神経外科の紹介・対象疾患

脳神経外科は、頭痛、頭重感などの不定愁訴の中に潜む危険な疾患を迅速に診断し、内科的・外科的治療を行なう科です。手足の運動感覚障害、言語障害、意識消失発作などの原因診断と治療も行っています。
脳腫瘍、脊髄腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、顔面痙攣、三叉神経痛など脳・脊髄疾患全般の診療が可能です。
高度医療により、低侵襲で治療効果の高い医療が提供できるよう努めています。

当院では、多岐にわたる脳神経外科疾患全般の診療はもとより、脳ドックをはじめとした予防医学にも力を入れています。脳卒中などの脳血管障害は、一度発症すると何らかの後遺症を残すことが多いため、できる限り事前に予防することが大切です。今後も疾患の早期発見予防に努め、皆さまにご満足いただける質の高い医療を実践していきたいと考えています。

専門外来(予約制)

もの忘れ

対象疾患

 特 色
脳神経外科 ■脳腫瘍:神経膠腫(グリオーマ)、悪性リンパ腫、胚細胞腫(ジャーミノーマなど)、髄膜腫(メニンジオーマ)、下垂体腺腫、頭蓋咽頭腫(クラニオファリンジオーマ)、神経鞘腫(ニューリノーマ)、転移性脳腫瘍、小児の脳腫瘍など

■脳血管障害:くも膜下出血(主に破裂脳動脈瘤)、高血圧性脳内出血、脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳血管内治療、脳卒中一般

■機能的脳神経外科:パーキンソン病、三叉神経痛、 片側顔面けいれんなど

■脊椎・脊髄疾患: ・頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症 、頚椎後縦靭帯骨化症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症 など
頭痛 こめかみがズキンズキンと痛む、目の奥が押されるように痛む、後頭部が圧迫されるように重たい、刺すような痛みが瞬間的にあり、繰り返す、飲み込むときにのどの奥が痛む、発熱とともに首が張って痛む、明け方に頭痛がする、午後になると頭重感が軽くなる、こめかみの血管が赤くはれて見える、2〜3か月前に頭部を打撲したことがある、めまいや吐き気を伴う、手足の脱力やしびれを伴う、身内に脳卒中の人がいる、など
もの忘れ 同じことを聞くようになったと言われる、人の名前がすぐ出てこなくなった、今やろうとしたことをよく忘れる、午前中はやる気がおきない、2〜3か月前に頭部を打撲したことがある、飲酒量が多い、脳梗塞を何回かしたことがある、身内にものわすれの人がいる、ものの名前がすぐ出て来なくなった、など