都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

診療科のご紹介

外科 科長あいさつ

『最先端の知識・技術を導入した外科診療を行っています』

帝京大学医学部附属溝口病院

外科科長
藤野 昇三

当院の外科は消化器・一般外科、呼吸器外科、乳腺外科の三領域の外科で構成され、消化器・一般外科はさらに上部消化管(食道、胃)、下部消化管(小腸、大腸、肛門)、肝・胆・膵(肝臓、胆嚢、膵臓)、一般(ヘルニア、外傷他)に細分されます。それぞれの領域に専門医を配置し、各領域の良性および悪性疾患の治療に当たっています(具体的な対象疾患に関しては次項の『紹介・対象疾患』をご覧ください)。

当科には日本で最初の内視鏡手術(内視鏡下胆嚢摘出術)が施行された施設としての伝統があり、各領域の外科手術に積極的に内視鏡手術を導入しているという特徴があります。胆石、ヘルニア、気胸などの良性疾患に限らず、胃癌、大腸癌、肺癌などの悪性疾患にも適応を広げ、短期的・長期的に好成績を得ています。また悪性疾患の術前後に補助療法(抗癌化学療法、分子標的治療、放射線治療、内分泌療法など)が必要な場合には、担当医が責任を持って施行させていただきます。これにより診断から治療の完結まで一貫した医療を提供させていただけると考えています。

『地域に根ざした高度で良質な医療を実践する』という当院の理念に基づき、スタッフが一丸となって最先端の知識・技術を導入して外科領域の診療を行い、地域医療に貢献できるように努めております。