都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

診療科のご紹介

外科の紹介・対象疾患

一般的な外科的外傷治療から、癌などの悪性腫瘍、食道・胃・大腸・直腸などの消化器疾患、肝臓・胆嚢・胆管・十二指腸・膵臓などの胆道疾患、乳腺、甲状腺、肛門疾患、ソケイヘルニアなど幅広い診療を行っています。
急性虫垂炎、気胸、腸閉塞、消化管穿孔や交通外傷などの各種手術、緊急手術にも対応いたします。

当院の特色

全ての外科(手術を必要とする)疾患に対して、高度先進医療を提供することを目指しています。
また、一般外科の他に専門外来を設け、専門の診療を行っています。

専門外来(予約制)

呼吸器外科/乳腺外科/癌化学療法

対応疾患

  特 色
外科 内視鏡外科疾患(大腸・胆嚢結石・ヘルニアなど)、上部消化管疾患(食道・胃など)、下部消化管疾患(大腸・肛門、小腸など)、肝・胆道・膵疾患、腹壁疾患(ソケイヘルニアなど)、肛門疾患(内痔核・外痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、肛門周囲膿瘍など)、など
一般外科 ヘルニア、主にメッシュを用いた手術を行っており、早期退院、早期社会復帰が可能です。両側そけいヘルニア、再発そけいヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニアなどに対しては腹腔鏡下手術も行っています。
乳腺外科 乳房のしこり(良性、悪性)、乳頭分泌(乳管内病変)、乳房の痛み(乳腺症)、腋窩の痛み、腫瘤(副乳、リンパ節の腫脹)、授乳期乳腺の発熱、疼痛(乳腺炎)、乳癌の術後の経過観察および再発治療、女性化乳房など
呼吸器外科 肺悪性腫瘍(肺癌、転移性肺腫瘍)、肺良性疾患(良性腫瘍、気胸、びまん性肺疾患、炎症性肺疾患)、縦隔疾患(胸腺腫、奇形腫、神経原性腫瘍などの縦隔腫瘍、縦隔炎)、胸壁・胸膜疾患(胸壁腫瘍、胸膜腫瘍、膿胸、乳び胸)、機能的疾患(手掌・腋窩多汗症)など
上部消化管疾患 主に腫瘍性疾患 (がん、GIST etc.) を治療しています。
食道がん 早期がんに対しては粘膜切除(ESD)、それ以上の進行がんには放射線化学療法、手術を基本としています。
胃がん 早期がんに対しては腹腔鏡補助下胃切除(LADG, LATG, LAPG)、進行がんには開腹手術という方針です。診断時に手術不能な場合や高度に進行した場合でも術前に抗がん剤治療を行い、がんを縮小させてから切除を行う症例もあります。
下部消化管疾患 腫瘍性疾患 (がんetc.) や 炎症性腸疾患などを治療しています。
大腸がん・直腸がん 手術は主に腹腔鏡補助下手術で行っています。肛門に近い下部直腸がんの場合でも、可能な限り肛門を温存するために内肛門括約筋切除 (ISR) を行い、治癒を目指しています。このため、永久人工肛門になる例はほぼありません。肝臓や肺に転移があっても治癒切除が可能な場合は、肝臓外科・呼吸器外科医と連携して積極的に切除しています。抗がん剤治療は遺伝子検索を行った上で、主に外来化学療法を行っています。また、がんワクチン療法の臨床試験も行っています。
肛門疾患 肛門脱や直腸脱を含めた肛門疾患(痔、痔瘻、肛門周囲膿瘍など)を治療しています。
また、がんの再発などによって消化管の通過障害がある場合でも、ステント挿入、バイパス手術や人工肛門造設などによりQuality of life(生活の質)の向上を目指しています。
肝胆膵外科 原発性肝癌や転移性肝癌(特に大腸癌や直腸癌)、膵癌、胆道癌(肝門部胆管癌、胆嚢癌、上部中部下部胆管癌、乳頭部癌)などの悪性腫瘍に対して積極的に手術治療を行っています。術後の外来フォロー中に診断された再発病変に対して肝動脈塞栓療法や抗癌剤療法に加えて可能であれば積極的に手術による再切除も行い、集学的治療により根治を目指します。また、悪性腫瘍以外でも肝膿瘍や肝内結石症、胆管狭窄、膵腫瘍(内分泌腫瘍、粘液産生性膵腫瘍)など、内科的治療が困難な良性疾患に対しても手術適応を検討し外科的切除を行っています。