都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

診療科のご紹介

麻酔科 科長あいさつ

麻酔科の仕事のご紹介

帝京大学医学部附属溝口病院

麻酔科科長
安藤 富男

 

麻酔科は、1)手術室での麻酔を中心とした診療と、2)痛みを主な症状とする患者さまを対象としたペインクリニック診療を行っています。また、重症な術後患者さまの集中治療にも関与しています。

 

麻酔診療では、外科医と協力しながら患者さまの全身管理を行い、安全に手術を受けられるようにすること、手術後の痛みを極力和らげることを主な仕事としています。全身麻酔や硬膜外麻酔、脊椎麻酔、伝達麻酔などの麻酔方法を単独、あるいは組み合わせた方法によって痛みを取り除きます。また、手術による身体への悪影響を最小限にするために、様々な薬剤を使い、人工呼吸や輸液、輸血療法などを行っています。

 

術前診察では全身の病状を把握して、最適な麻酔、全身管理法を選択して術後の合併症の予防と早期回復に努めています。術後の痛みに対しては、持続硬膜外麻酔や、患者さまご自身で鎮痛薬の追加投与が可能なpatient controlled analgesia(自己調節鎮痛)などを活用して、より快適で速やかな回復を目指しています。

 

ペインクリニック外来では、急性、慢性の痛みでお困りの患者さまの診療を行っています。帯状疱疹やその治癒後の神経痛、頭痛、顔面痛、肩腕痛、腰下肢痛など様々な原因、部位の痛みに対して、他の診療科と協力しながら治療を行っています。痛みの原因や病状に合わせて、星状神経節ブロックや硬膜外ブロックなどの神経ブロック療法、薬物療法などを用いています。