都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

診療科のご紹介

耳鼻咽喉科の紹介・対象疾患

鼓膜再生治療(外来)の案内

 

 帝京大学医学部附属溝口病院では、鼓膜に穴があいていることで難聴となる穿孔性中耳炎を対象とした日帰りで鼓膜再生治療を行う「鼓膜再生外来」を開設しました。

 

担当医師:白馬伸洋

 

外来時間:水曜日、金曜日 14:00~17:00

 

1)          鼓膜再生治療の内容

慢性中耳炎や、平手打ちなどの外傷や、長い間の鼓膜の換気tubeの留置により、鼓膜に永久的な穴があいてしまうことがあります。穴が自然に閉鎖しない場合は、ご自身の耳の後ろの筋肉の膜(筋膜)を採取して、鼓膜の穴の閉鎖を行う方法がひろく用いられています。この方法ですと耳の後ろの皮膚を切開しなければならず、時には入院する必要もあります。

当院で行う鼓膜再生治療は、鼓膜再生の足場としてシリコン膜で支えられた人工コラーゲンを鼓膜の穴に挿入し、鼓膜再生を促進する作用を持つ薬を加えることにより、日帰りで鼓膜の穴を閉鎖させる治療です。

 

鼓膜再生治療の経過例.gif

 

 

2)          鼓膜再生治療の方法

①    麻酔は、麻酔薬を染み込ませた小さな綿球を鼓膜の穴の上に約15分間置くだけです。注射などの必要はありません。

②    かたくなった鼓膜の穴の周りの部分を切除して新鮮化します。この作業で鼓膜再生が促されます。

③    シリコン膜で支えられた人工コラーゲンを鼓膜の穴に挿入し、皮膚再生作用の働きを持つ薬を添付します。人工コラーゲンはシリコンの膜で支えられていますので、糊などを用いなくてもコラーゲンはしっかり穴に固定されます。

 

3)          鼓膜再生治療の特色

 本治療は担当の白馬医師が2001年から開発を進め、2003年(資料1リンク)と2010年(資料2リンク)に英語論文に発表した方法です。現在までに、前任の大阪赤十字病院(日経産業新聞2008年9月4日掲載)(資料3リンク)と愛媛大学附属病院(愛媛新聞2009年12月13日掲載)(資料4リンク)で800人以上の鼓膜に穴があいている患者さまの治療にこの方法を行って来ました。その内90%以上の鼓膜の穴が閉鎖しました。人工コラーゲンはシリコン膜で鼓膜の穴に固定しますので、血液製剤の糊を使用する必要が無く、感染症などのリスクが少なくなります。

  

4)   受診の方法

 本治療の適応を判定するために、まずは通常の白馬医師の外来(水曜日、金曜日午前)を受診して下さい。出来るだけかかりつけ耳鼻科の紹介状を御持参して下さい。

 月曜日午後、水曜日午後の担当医師の外来予約は、平日9時より17時までの間に当院予約センター:044-844-3579へ直接お電話下さい。

 

5)   患者さまの負担

 本治療は保険適応外であるため自費診療にて行います。鼓膜再生手術は、一連の治療・検査代を含めて約50,000円です。ただし、本治療の適応を判定するまでの諸検査費につきましては通常の保険診療とさせていただきます。

 

 

 

 

 中耳炎・真珠腫外来の案内

 帝京大学医学部附属溝口病院では、鼓膜再生治療では治療が困難である難治性の中耳炎や、周囲の骨破壊から顔面神経麻痺や脳炎などの重篤な合併症を引き起こす中耳真珠腫に対し、外耳道本来の形を温存する「外耳道後壁保存型(クローズ法)」中心の耳の手術(鼓室形成術)を行っています。入院期間も1週間程度で、術後、耳内が乾燥するまでの期間も短いのが特徴です。手術までの耳処置と、術後の定期的なフォローを中耳炎・真珠腫外来で行っています。

 

担当医師:白馬伸洋(月曜日)

 

外来時間:月曜日、金曜日 13:30~17:00

 

1)          対象疾患(難治性中耳炎、中耳真珠腫)の説明

穿孔性中耳炎でも病気の経過が長く、炎症を繰り返し、鼓膜の奥の中耳腔から乳突洞にかけて肉芽(不良組織)が蔓延した場合や、抗生剤に抵抗性を持つ耐性菌が出現した難治性の中耳炎で耳漏を止める場合には、鼓膜穿孔の閉鎖だけではなく、中耳腔から乳突洞にかけての徹底的な清掃が必要となります。

また、中耳腔と、鼻をつなぐ耳管の働きが悪いと、鼻から中耳腔に十分な空気を送り込むことが困難となり、空気が不足した中耳腔では鼓膜が奥に引っ張られ、一部凹む場所が生じます。その凹んだ場所に皮膚と似た組織から、耳垢の塊のような真珠腫が発生します。真珠腫は周囲の骨組織を破壊していきますので、音を伝える骨(耳小骨)が破壊されると難聴が生じ、さらに放置すると顔面神経麻痺や脳炎の原因にもなります。真珠腫の治療も手術により徹底的に清掃することしかありません。   

 

2)          耳の手術(鼓室形成術)の方法

 真珠腫の手術は、大きく分けてオープン法とクローズ法の2つがあります。

 「外耳道後壁削開型(オープン法)」

 真珠腫はほんのわずかでも取り残しがあると再発します。再発を防ぐためには、外耳道を大きく削れば死角が少なくなり、真珠腫が確認しやすい状態で手術が出来ますが、本来の外耳道とは異なる拡がった外耳道になるため、①術後に定期的に耳鼻咽喉科で耳掃除をしてもらう必要がある、②音楽のイヤホンや、年を取ってからの補聴器が合わせにくくなる、③中耳腔の形も変わるため耳が詰まった感じ(耳閉感)が生じる、などの問題があります。

 「外耳道後壁保存型(クローズ法)」

 一方、外耳道を削らないで保存するように手術を行えば、自然な形で外耳道が保存できるため、①耳掃除のための受診が不要、②イヤホンや補聴器を装用するのに問題が無い、③自然な状態で聴こえが良い、などの利点がありますが、手術には高度な手技が求められます。また、クローズ法では外耳道を保存した上で真珠腫の再発予防のために、2回に分けて行う手術(段階的鼓室形成術)が必要とされることもあります。

 

 

 

                オープン法とクローズ法の模式図  

 無題.jpg  

 

 

3)          当院での 鼓室形成術の特色

 当院で鼓室形成術を担当する白馬医師は、年間約200件の鼓室形成術を行っており、現在までに1500件以上の手術経験があります。真珠腫に対する手術においては、手技がより困難な外耳道保存型の手術が85%以上を占めており、そのうち、2回に分けて行う段階的手術は10%以下です。術後1年以上経過した段階で、日本耳科学会が定めた聴力改善成功率は82%でした。

 外耳道を保存するための工夫としては、手術中に内視鏡を用いて真珠腫の死角を無くすことや、耳の後ろの軟骨(耳介軟骨)を1/3の薄さにしたものを利用して鼓膜や外耳道の補強に努めています。また、真珠腫によって音を伝える骨(耳小骨)が破壊された症例では、聴力改善のために人工の耳小骨を用いて伝音の再建を行っています。

 

4)   受診の方法

 担当医師の外来(白馬:月曜日午後予約制、金曜日午前、林:水曜日午前、金曜日午後予約制)を受診して下さい。可能な限りかかりつけ耳鼻咽喉科の紹介状をお持ち下さい。

 月曜日午後、金曜日午後の担当医師の外来予約は、平日14時より17時までの間に耳鼻科外来:044-844-3276あるいは044-844-3277へ直接お電話下さい。

 

 

 

 

 

 

補聴器リハビリテーション外来 

3ヵ月間毎週、医師・言語聴覚士・認定補聴器技能者が三位一体となって診療します。専門の言語聴覚士が患者さんと1対1で、補聴器を活用し音やことばに対する感度を高めるための新しい聴覚リハビリテーションを行います。また、補聴器による難聴を伴う耳鳴の治療や難聴と関係する認知症予防も行っています。

専門外来  :水曜日・木曜日・金曜日(午前のみ)完全予約制 

担当医師  :白馬伸洋・坪田雅仁・北尾恭子・鈴木大士 

言語聴覚士 :三瀬和代 

       

何故、補聴器は必要か? 

老人性難聴:程度の差はありますが、加齢によって誰にでも起こります。音を感じる器官(蝸牛)や神経の老化現象による感音難聴で高い音から次第に聴こえにくくなり、ことばの聴き取り能力も低下します。難聴はコミュニケーションを妨げ、活力や社会性の低下を招き、うつや認知症との関連も報告されています。まだ有効な治療法はなく、補聴器が有効な手段となります。

認知症:認知症のリスクは軽度難聴で2倍、中等度難聴では3倍、高度難聴では5倍高まると報告されています。難聴を放置せずに、積極的に補聴器を使用して脳に刺激を入れて活用させることが大切です。

耳鳴:難聴に伴う場合が90%を占めています。難聴によって脳に信号が届きにくくなり、それを脳が代償しようと過剰興奮して信号を増やすために発生します。十分に聴こえないストレスも耳鳴症状をさらに悪くします。補聴器で難聴を解決することにより耳鳴に対する不快感を軽減できます。

 

補聴器リハビリテーションの特色 

①   脳を補聴器の音に慣らす

脳を活性化させるためには十分な音刺激を入力する必要があります。しかし、長年難聴によって大きな音を聴いていない脳は、補聴器によって大きくなった音が非常に苦手です。脳が大きさの変化に気付かないレベルで少しずつ補聴器の音を大きくしていく調整法で、3ヵ月間かけて補聴器の音に脳を慣らしながら脳を活性化するために必要な音量に調整します。

普段、私たちが生活している環境には、実にさまざまな音が存在します。それは“雑音”と認識されていますが、本来その“雑音”は“聴こえているはずの音”なのです。難聴がなければたくさんの音が聴こえていて、そのなかから自分にとって大事な音、無視していい音、というように脳が選択しながら聴いています。しかし、難聴があれば限られた音しか聴こえませんから、脳が音を選択して聴く必要がなくなり音を“仕分け”する機能が衰えます。補聴器をつけると一気に聴こえが補正されてたくさんの音が脳に届くようになりますが、しばらく“仕分け”処理をしていなかった脳は混乱してしまいます。これが「雑音しか聴こえない」という現象なのです。補聴器の音に慣らし、たくさんの音をしっかり聴くことができるようにしながらこれらの音を“仕分け”する力を高めます。

 

耳鼻科ホームページ.png

 

②   低下したことばの聴き取り能力を向上させる

難聴というと単に音が小さく聴こえるだけと考えてしまいがちですが、感音難聴では音を感じ取る内耳(蝸牛)にある有毛細胞の数が減少するため音の鮮明さ(明瞭度)が低下します。例えるならば正常な場合では100個の音情報を聴くことができますが、難聴の場合では音情報が40~60個に減って、大きさも小さくしか聴こえないという状態です。このように明瞭度が低下すると、周囲の環境音に隠れてしまい聴き分けることも難しくなります。

補聴器は小さくなった音情報を大きくして聴きたい音やことばに焦点を当てて聴き取りやすくすることができますが、音情報を100個に戻して聴力が正常な人と完全に同じ聴こえにするまではできません。しかし、残った音情報を上手に活用できるようにする訓練よって聴き取りをより良くすることは可能です。そのために補聴器によって常に音を聴くことができる状態にすることが重要なのです。 

ことばがはっきり聞き取れない理由はもう一つあります。脳での音の処理能力が低下するためです。ことばを理解するときには、脳に送られたことばの音情報をもとに脳のなかにある辞書から該当することばを探し出すという処理を行っていますが、難聴で音情報が入ってこない状態ではその処理が行われなくなってしまい、脳の聴き取り能力も低下してしまいます。補聴器リハビリテーションでは、脳のことばの処理能力や雑音と分けて聴いて理解する力を高める聴取訓練を行います。

 

 耳鼻科111.png

 

 

 耳鼻科222.png

 

 

 

 

音声治療外来の案内

 

 音声治療外来では、声が出なくなった、続かない、かすれる、高い声や大きい声が出ない、などの“声の障害“をきたす喉頭疾患の診断と専門的な治療を行います。

 

担当医師:鈴木大士

 

外来時間:木曜日 13:30~17:00

 

1) 対症疾患(音声障害)の説明

 人が人らしくあるための必須条件であるコミュニケーションにおいて“声”は極めて重要であり、教師や保育士、アナウンサーなど「こえ」を必須とする職業、また、昨今ではコーラスやカラオケなど趣味の分野でも重要な役割を担うようになっています。音声障害は、声帯の器質的疾患(声帯結節や声帯ポリープなどの病変)や声帯の運動障害(声帯麻痺)、機能的要因(発声法や声の使い方、ストレス要因など)により、声質、声の高さ・大きさ、声の持続性などに問題をきたした状態です。

 

2)音声障害の診断と音声治療の適応について

 担当医師の診察を受けて頂き、音声治療の適応があると診断された場合に行います。実際の診察は喉頭内視鏡を用いて発声時の声帯を観察し、種々の発声機能検査やコンピュータを用いた音響分析などで詳細に声の評価を行い診断します。音声治療が有効となる疾患は、音声の酷使(使いすぎ)が原因で生じる病変のうち保存的治療により治癒が期待できるもの(声帯結節、喉頭肉芽腫など)、発声時の声帯間にわずかな隙間が生じるもの(軽度の声帯萎縮・溝症、声帯麻痺、低緊張性発声など)、発声方法に問題があるもの(喉詰め発声、過緊張性発声など)、ストレスが原因で生じるもの(心因性失声症など)が適応となります。

 

3)音声治療の特色について

音声障害の治療には①薬物療法、②音声治療、③手術療法の3種類があります。疾患や病変・障害の程度によっては手術が必要となる場合もあれば、専門的な音声訓練(音声治療:Voice Therapy)が適応となることもあります。個々の患者様によって声の使用状況や頻度、目的も異なるため、患者様と相談しながら治療を進めていきます。音声治療に反応不良な病変に対しては、全身麻酔による喉頭微細手術(ラリンゴマイクロサージェリー)が必要となる場合もあります。

言語や嚥下障害に対するリハビリテーションを行う言語聴覚士のなかでも、音声障害に取り組んでいる言語聴覚士の数は決して多くありません。当科では音声治療の経験を有する専任の言語聴覚士が、音声の使用に関する衛生指導に加えて、医学的な理論に基づいた音声訓練を行います。

 

4) 受診の方法

 担当医師の外来(月曜日、火曜日、木曜日、金曜日午前)を受診して下さい。可能な限りかかりつけ耳鼻咽喉科の紹介状をお持ち下さい。

 担当医師の外来予約は、平日14時より17時までの間に耳鼻科外来:044-844-3276あるいは044-844-3277へ直接お電話下さい。

 

 

その他、耳鼻咽喉科領域(耳、鼻、口腔、咽頭、喉頭、頚部)の疾患は、すべて対応可能です。
とくに、めまいや難聴、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎、睡眠時無呼吸症候群などの診断と治療には定評があります。これらの疾患をふくめ、当院では、耳鼻咽喉のさまざまな疾患や症状(めまい、耳鳴、難聴、鼻アレルギー、声のかすれ、咽喉のつかえ感、頭頚部がん、甲状腺腫瘍、中耳炎、副鼻腔炎、いびき、扁桃炎、声帯ポリープ、気管食道異物、顔面外傷など)について、それぞれの患者様の状態やご希望に応じて、手術による治療、薬による治療、リハビリによる治療、放射線による治療(放射線科との協力のもと)を組み合わせて、総合的に行っています。

精密な検査と高機能の画像検査を行い、多角的に疾患の診断を行っています。
耳鼻咽喉のすべての領域に対して、それぞれの専門知識を持つ医師が対応。優れた技術と、内視鏡やレーザーなどの先端医療機器による、高度な医療を提供しています。

 

 

 

 

対象疾患

 特 色
耳疾患 外耳炎、中耳炎(急性中耳炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、滲出性中耳炎など)、めまい(メニエール病、良性発作性頭位めまい 症、前庭神経炎など)、難聴(耳硬化症、外リンパ瘻、突発性難聴など)、耳腫瘍(聴神経腫瘍など)、耳外傷(側頭骨骨折など)、など
鼻疾患 アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎(ちくのう症)、嗅覚障害、鼻・副鼻腔腫瘍(上顎癌など)、鼻外傷(鼻骨骨折など)、鼻出血、鼻中隔彎 曲症、肥厚性鼻炎(鼻閉)など
のど疾患 咽頭癌、喉頭癌、扁桃疾患(扁桃炎など)、声帯ポリープ、咽頭喉頭炎、副咽頭間隙腫瘍、悪性リンパ腫、咽頭喉頭食道異物、咽喉 頭異常感症、喉頭外傷など
顔面疾患 顔面外傷、顔面神経麻痺など
舌・口腔疾患 舌癌、口腔腫瘍(歯原性を除く)、味覚障害、ガマ腫、嚥下障害、舌炎、口内炎、口腔白班症、いびき、睡眠時無呼吸症候群、口内乾 燥、舌痛症など
唾液腺疾患 唾石、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、唾液腺炎、シェーグレン症候群など
頚部疾患 甲状腺腫瘍(甲状腺癌など)、頚部リンパ節疾患、その他頚部腫瘍、頚部のう胞性疾患(正中頚のう胞、リンパ管腫、側頚のう胞)、 上皮小体腫瘍、神経系頚部腫瘍など
音声・言語疾患 音声障害(声がれ)、反回神経麻痺、言語発達遅滞、構音障害など