都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

診療科のご紹介

整形外科の紹介・対象疾患

整形外科は、主として四肢・脊椎・骨盤など運動器官の疾患・外傷を扱っています。

外来・入院ともに外傷から慢性退行性疾患まで幅広く整形外科領域のほぼ全般に渡り対応しています。

MRI・CTなどの画像診断装置を利用した的確な診断や、ナビゲーションシステム・内視鏡・関節鏡など最新の機器を用いた手術治療を行っています。

患者さまが早期回復できるように、満足いただける高度な治療の提供を心がけています。

専門外来(予約制)

リウマチ/膝関節/肘関節/神経/脊椎/スポーツ診

対象疾患

 特 色
股関節 人工股関節全置換術は、術前のCT画像を基にコンピュータを用いた3次元術前計画を行います。その計画を詳細に検討し、原則として最新のナビゲーション・システムを利用した正確な手術を行います。また、50歳未満の臼蓋形成不全には、ナビゲーション・システムを利用した寛骨臼回転骨切り術を行います。
足外科 外反母趾、リウマチ足、強剛母趾、足根骨癒合症、変形性足関節症、距骨壊死、尖足変形、扁平足、足関節靭帯損傷、アキレス腱障害、腓骨筋腱脱臼、足関節骨軟骨障害、外脛骨障害(有痛性外脛骨)、足壊疽など足部疾患全般に対し、専門的見地から治療を行います。
関節外科 関節リウマチ、関節症性乾癬、強直性脊椎炎などの薬物治療、手術治療を行います。
変形性関節症や各種膠原病などにより生じた関節障害の治療を行います。
人工膝関節置換術にはナビゲーション・システムを用います。
骨軟部腫瘍 当院には年間150例を越える骨軟部腫瘍の紹介患者さんが来院されます。その一人一人に対し画像ならびに病理組織から正確な診断を行うことから始めます。良性腫瘍に関しては手術の是非を患者さんの希望を尊重し決定します。骨肉腫、転移性骨腫瘍など悪性腫瘍に関してはスタンダードな治療法を安全に行なうことを旨とし、抗がん剤を使用した化学療法、放射線療法、および機能性を考慮した患肢温存手術を中心に行なっております。
脊椎 低侵襲手術を基本としますが、安全・確実を最優先した治療計画を行います。特に、出沢明前教授が導入した脊椎内視鏡は椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に対し低侵襲であり早期社会復帰に大変効果的な治療です。脊椎内視鏡が適応でない広範囲の脊柱管狭窄症に対する椎弓切除術や、腰椎椎間板症・腰椎すべり症に対する脊椎固定術にも周辺組織の損傷が最小になる手術を行っております。また、高齢者の圧迫骨折では低侵襲な骨セメント注入手術(BKP)を行うことで、従来数ヶ月かかった治療期間を数日に短縮し、早期社会復帰を実現しています。