都心からのアクセスが便利な川崎市高津区にある帝京大学医学部附属溝口病院です。医師・看護師を募集しています。

診療科のご紹介

小児科の紹介・対象疾患

小児科は、地域の子どもたちの健康と安全を守ることを第一に考えています。子どもたちの健全な成長を医療面から支援することを目的とし、小児疾患全般の診断・治療をはじめ、新生児、アレルギー、感染症など、幅広い小児疾患の初期診療を行っています。
お子さまの健康に関わることで不安に思うことがございましたら、お気軽にご相談ください。

豊富な知識と確かな技術を持った医師たちが、外来において診療を行っています。豊富な経験に基づいて診察し、適切かつ最新の医療を提供するよう心がけています。
また、当院では各種専門外来(予約制)を設け、それぞれの疾患に対して専門的な治療も行っています。

専門外来(予約制)

神経/免疫・アレルギー/川崎病/腎臓/内分泌/健診/予防接種

対象疾患

  特 色
小児科 発熱、下痢、便秘、嘔吐、咳嗽、喘鳴、発疹、腹痛、頭痛、胸痛、チアノーゼ、血尿・蛋白尿、脱水、浮腫、黄疸、貧血、リンパ節腫大、肝脾腫、易感染、痙攣、発達遅滞、筋緊張異常、成長障害、肥満・やせ、など
神経 複雑型熱性痙攣、てんかん、成長・発達の遅れ、頭痛など
喘息・アレルギー 小児喘息、気管支喘息、慢性咳、アレルギー疾患(食物アナフィラキシー、口腔アレルギー症候群、各種花粉症、小児アトピー性皮膚炎、運動誘発アナフィラキシー、ハチアレルギー、他)など
川崎病

川崎病は、生後3ヶ月くらいの赤ちゃんから4歳くらいまでの子どもに発症し、高熱を出す原因不明の病気です。主な症状としては、以下のようなものがあります。

・高熱が5日以上続く
・目の充血
・唇や舌が赤くなる  
・さまざまな形の発疹
・手のひらや足の裏が赤く腫れ、指がむくむ
(熱が下がって時間が経つと指先の皮がむける)
・首のリンパ節が腫れる

免疫 先天性免疫不全症、膠原病など